病院事務の在り方

伸びをする男性

病院の事務といえば、医療事務でレセプトを作成したり、点数算定が中心とされていましたが、近年は医師の事務負担の軽減をするという新たな役割が設けられています。病院では、医師の超過勤務が問題となっており、その一部を事務員が補うことで少しでも医師への負担を軽減することを目的に、徐々に医師事務作業補助を取り入れる病院が増えてきています。また、診療報酬の点数改訂でも医師事務作業補助を取り入れることで点数を付与できるようになりました。医師事務作業補助になるためには、研修が義務化されています。あらゆる医療に関する知識や医師が作成している書類に関する知識など幅広く勉強しなければなりません。病院によって、医師事務作業補助者に対して求められることは異なります。たいていが嘱託の職員で補われています。

医師事務作業補助者の仕事内容は、たいていが書類の作成補助です。病院ではたくさんの種類の診断書や書類を扱っています。その作成補助を行い、医師の負担を減らすことを目的としています。もちろん、専門的なところは医師が行いますが、事務員でも可能なものは代行入力作業を行っています。また、診療の補助を行って患者さんと医師の間を取り持ち診療をスムーズに行えるように手助けをすることもあります。医師事務作業補助の仕事は専門的ですが、医師が丁寧に説明をしたり、確認作業を行ったりすることで連携をとって仕事を行っています。そのため、研修を受けて医師事務作業補助の資格を取ればすんなりと医師のサポートをすることができます。